電話占い3のつメリット5つのデメリット【その他注意点や考え方】

電話占いメリットデメリット

電話占いのメリット

悩みをすぐに聞いてもらえる

悩みを抱え続けるのは、精神的にもしんどくなりますよね。

できれば、一日でも早く解決の糸口を見つけたいものです。しかし、対面鑑定となると、出かけなければならない…予約を取っていく必要がある…など時間を要します。

それに対し電話占いは、ほぼ24時間受け付けているため、気軽に利用することができます。

顔が見えないから何でも話しやすい

ささいなことであれば、家族や友人に話してすっきり!ということもできますが、誰にも相談できない悩みを抱えることも人生には一度や二度ありますよね。

それに、友人に電話するにしても「長く電話したら迷惑かな」「こんなこと相談されても困らせるだけかな」と正直気を使います。

そう考えると、顔を知らないからこそ、深い本心まで話せる電話占いは、上手に利用すれば心のバランスを穏やかに維持することができます。

話した分だけ料金を支払えばいい

対面鑑定の場合、「1時間 5000円」「悩み相談1つで3000円」など、一回利用すると定額料金が発生します。

それに対し、電話占いは「話した分だけ」料金が発生するため、気軽に利用できます。

たとえば「こんな状況を打破するアドバイスだけがほしい!」というように、的を絞っての相談であれば「10分」もしないで鑑定を終了することも可能で、結果、対面鑑定よりも低価格で済みます。

電話占いのデメリットと対応策

気軽に利用できる反面「依存」しやすい

気軽に利用できるというのは便利ですが、「依存しやすい」状況をつくりだしていまいます。

対応策
・時間や利用頻度を決める
・いざという時にだけ利用する

時間に気を付けないと高額請求もあり得る

私も経験したことなのですが、「悩みを伝えたい、自分が納得するまで話を聞いてもらいたいし、すっきりするアドバイスがほしい」という想いが強すぎて、2時間以上も平気で電話占いを利用したことがあります。その時は、とても心が弱っている時期で、正直依存していました。

そして…請求金額をみてびっくり!数万円・・・

電話占いは、基本、占い師は時間を知らせてくれませんので、相談者側が「意思表示」を示さなければなりません。そうしなければ、永遠と、1分ごとに料金が加算され続けて行きます。

対応策
・開始時間を確認しておく
・タイマーをセットしておく
・電話する前に「悩みの要点」「聞きたいこと」など自分自身で整理しておく
・電話がつながったら、最初に「30分くらいで考えています」「1時間以内でお願いします」など、占い師に時間の希望を伝えておく

相性の合わない占い師もいる

日常生活と同じで、「相性の合う・合わない人」ということが占い師にも当てはまります。

ちなみに、私は「物事をはっきりと言う」タイプは苦手です。

もし、人気の占い師を選んだとしても、その人が「はっきりと物事を伝える」タイプだったら、私にとって苦痛でしかありません。だからこと、本当に相性は大事なんです。

このように「人気占い師だから良いのか?」と問われると、そうではないことがお分かりいただけるかと思います。

対応策
・「人気占い師」という名目にだまされないこと
・占い師の占術だけではなく、性格などの特徴にも目を向ける
・初回登録時の無料期間を有効に活用すること

電話は「言葉」だけの会話のため、相手の表情がわからない

電話占いは「声」だけです。目の動き、大きさ、表情などわからないため、微妙なニュアンスが伝わりにくくなっています。逆を言えば、相談者側の表情なども占い師には見えないので、悩みの全てを伝えるというのも難しくなります。

対応策
・淡々と話すのではなく、なるべく感情も表現して伝える
・声の強弱をつけて伝える

電話占い「利用の注意点」

支払い期限

電話占い利用後、3~5日以内に支払いを済まさなければなりません。連絡もなしに期限を過ぎてしまうと、自宅へ請求書が送られてくるということもあり得ます。

電話占い利用後に支払いができそうにない場合は、時期をずらして利用しましょう。

借金はいけません

借金してまで電話占いを利用するのは、更に自分自身を苦しめるだけです。もし、借金してまで電話占いを勧めてくるような占い師がいるとすれば、そこは間違いなく悪徳業者ですので冷静に考えましょう。

利用前の準備と確認

1分単位での料金

安ければ1分/150円~、高ければ1分/500円近くもする占い師もいます。平均的には、200円~350円位ですが、長く話せば高額になります。

支払い方法

前払いなのか、後払いなのか、支払い期限はいつなのか、事前に必ず確認していおきましょう。又、銀行振り込みなのか、クレジットカード払いに対応しているのかなども忘れずに要checkです!

ちなみに…電話占いの場合、前払い・後払いの両方に対応している業者が多いのですが、出来れば「後払い」をするようにしましょう。

前払いにしたとしても、余った分が返金される訳ではありません。

「前払いしちゃったし、使わないともったいないし、利用しちゃえー」という利用の仕方は、「依存」に陥りやすくなりますので注意が必要です。

占い時間の目安

悩みの内容などにもよりますが、「今回の相談は10分以内で終わりにしよう」というように、時間の目安を決めてから利用されることをおすすめします。「話す=料金発生」という意識を忘れないでくださいね。

「私はお金持ってるから問題ないわ!」という人も中にはいるかもしれませんが、そうすると「依存」に陥りやすくなりますので注意が必要です。

占う内容

具体的に「何を悩んでいるのか」「自分の想い」「今後どうしたらいいのか」「何かやる気が起きない…原因はなんだろう」など、占い師に聞きたいことの要点をまとめておきましょう。

悪徳業者であれば、通話時間を引き延ばそうとしてきますが、基本的には「相談者が終わりにする」意思を見せれば鑑定は終了します。ですので、「自分の想い」「聞きたいこと」をまとめておけば、効率よく利用することができます。

占い師の占術

占い師によって、多種多様な占術に対応しています。もし、日ごろ関わることがない占いや、興味のある占いなどがあったら「〇〇占いもしてください」と伝え、電話占い時間を有効に活用しましょう。

メモを用意

メモを取りながら頭を整理することで、占い師の言葉も理解しやすくなり、結果、通話時間も短縮できます。

占い師の能力を過信しない

「人気の占い師だから、絶対当たる」とは言い切れません。なぜなら、上記でもお話したように「相性」があるからです。

又、占い師にも能力の差があることを理解しておきましょう。私の夫も「霊視・霊感」をもとに鑑定をしていますが、100%の真実がわかる訳ではありません。

霊力は、ヒント(気づき)を与えてくれますが、答えを導き出すのは自分自身ですし、選んだ道によって運命はどんどん変化していきます。霊力のある人は「なんでもわかる」という過信はしないように気を付けましょう。

そして、電話占いは「話を聞いてもらう」「迷った時のヒント(気づき)をもらう」という心持ちで利用しましょう。

電話占いで占いジプシー・依存症にはならない

電話占いでいう「依存」とは
・自分の意志で何も決められなくなる
・占い師にすぐ頼る
・料金の見境がなくなる
・悩み事以外で、個人的な付き合いを求める

などがあげられます。

占いには、対面鑑定、メール鑑定、電話占いがありますが、対面鑑定は出かける必要があり、まともな鑑定を受けようとすると2~3万普通にかかるので、結構高いです。

メール鑑定は数千円が相場で安目に設定されていますが、文字を打つのが大変でコミニケションがとれない、鑑定結果に時間がかかるなどのデメリットがあります。

その点電話占いは、無料会員登録をすればすぐに鑑定が受けられ、無料特典があることが多く、うまくいけば無料で鑑定受けられるというメリットがあります。

その反面、依存性が高く、事あるごとに占いに頼り、占いジプシーになる可能性が高いので、依存体質の方は注意が必要です。

通話時間が短ければ無料や何百円、何千円で済みますが、電話占いに依存すると、月何十万円も支払うことになります。

もちろん自分の意思で自粛すれば大丈夫ですが、電話占いは依存性が高いことを理解しておく必要があります。

なかには通話時間を気にしてくれる占い師もいますが、そんな占い師ばかりではなく、無駄話をして通話時間を引き延ばす占い師もいます。

自分で決めた予定時間がきたら「ありがとうございました」と言い、強制的に電話を切るようにしましょう。

切らせてくれない場合は無言で切りましょう。無言で切ったからといって怒られるわけではないのでご安心ください。

電話占いを受ける際は、自分で決めた時間内に聞きたいことが全て聞けるように、聞きたいポイントは事前にまとめておくようにしておくと、聞き忘れがありません。

占いはサプリメント

人は「自分のことは自分にしかわからない」反面「自分のことは意外とわからない」ものです。

人に助言しているカウンセラーや霊能者も、人のことはわかっても自分のことはわからないものです。

電話占いを利用する最大のメリットは、自分では気づかなかった盲点、客観的気づきを得ることができることや、自分の進む道が正しいのかの判断を仰いだり、背中を押してもらえることです。

ですが、最終的に決めるのは自分でなければなりません。

「占い師の言う通りにしていれば間違いない」と依存するようになると、自分の人生を生きれていないため、学ぶべきことを学べません。

すると必ず「占いに依存して失敗した…」という現実が待っています。

それはなぜかというと、自分の意思で生きようとしないあなたに守護霊がお灸を据えるからです。

占いはあくまで「サプリメント」であり、依存するものではありません。

最終的に自分を救えるのは自分しかいません。

電話占いはあくまで「気づきを得る手段」として利用しましょう。

上手く利用すれば気づきが得られ、より良く生きるヒントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!